バルクオムのヘアケアラインでシャンプーとトリートメントがあります。

ここでは、バルクオムシャンプーとトリートメントでヘアケアした僕の感想や口コミ、成分の安全性、使い方などについて詳しく解説していきます。

バルクオムシャンプーでヘアケアしてみた

バルクオムの3ステップコースについてきたサンプルを使ってヘアケアしてみました。

シャンプーを手に取って見ると、とろみが強い感じです。

髪につけて洗っていくと、どんどん泡立っていきます。

泡立ちは良い方だと思います。

洗っている最中に、シャンプーの良い香りが漂うので、すごくシャンプーが楽みになると思います。

好きな人はハマるおしゃれな香りです。

流して見ると、いつものシャンプーよりもしっかりと皮脂や汚れが取れているためか、頭がスースーするような感覚です。(メントールは配合されていません。)

しっかり汚れが取れているのに、髪の毛はきしみません。

 

トリートメントもつけてみます。

 

トリートメントもシャンプーに負けず良い香りです。

髪の毛が柔らかくなった感覚があります。

せっかくなので、最後にスカルプもつけておきます。

ただ、正直なところスカルプをつけると、せっかくのシャンプーとトリートメントの香りが台無しになるのであまりいらないかもしれません。

 

 

バルクオムシャンプーのメリット・デメリット

使ってみてわかったバルクオムシャンプーのメリット・デメリットを紹介します。

デメリット

  • スッキリしたい人には向かない

洗い上がりは、スッキリというよりはしっとりといった感じなので、爽快感を求める人には合いません。

爽快感が欲しい人は他のシャンプーの方が良いでしょう。

メリット

メリットは次の点です。

  • 洗い上がりがしっとりする
  • ギシギシ感を感じない
  • フケが出ない
  • 香りがおしゃれでクール
  • セレブ感を楽しめる
  • ヘアサロンのシャンプー感を楽しめる

しっかり泡立ち、汚れをしっかり取ってくれるという感覚はありますが、洗い上がりはとてもしっとりします。

香りもすごくおしゃれでシャンプーが楽しくなる感じです。

ヘアサロンでケアしてもらうような感覚になれるシャンプーです。

バルクオムシャンプーの口コミ・評判は?

バルクオムシャンプーの口コミ・評判もチェックしてみましょう。

review3

パッケージの高級感が良いです。
汚れもしっかり落ちて泡立ちも良い。
髪のハリや艶が戻ってきました。
香りも心地よく、キシキシ感もない良いシャンプーだと思います。

review

個人的にはすっきり洗えた感がないので、シャンプーはちょっと不満です。
トリートメントは香りもすごくよくて気に入っています。

review4

高価なので期待していましたが、期待に沿ったシャンプーでした。
ギシギシすることがなく、なめらかで気持ちの良い洗い心地です。
流し終わったあとは今までにない気持ち良さがあります。
ヘアサロンに行ったあとのような気分になれるシャンプーです。

review6

洗えば洗うほど、髪が落ち着いていいくのがわかります。
シャンプーだけでもトリートメント後のような感覚で、トリートメントをつけると、美容院で別料金でトリートメントしてもらったような仕上がりです。
毎日使うのはコスパ的には微妙ですが、たまにスペシャルヘアケアとして使うには最高のヘアケアだと思います。

 

爽快感が欲しい人には物足りないかもしれませんが、洗った後に髪がキシむのを避けたい人や髪を柔らかくしたい人にはぴったりのシャンプーと言えますね。

 

バルクオムシャンプーの成分は安全か解析したみた

全成分

水、ラウロイルメチルアラニンNa、グリセリン、ラウリルヒドロキシスルタイン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ペンチレングリコール、ポリクオタニウム-10、香料、PEG-60水添ヒマシ油、グリシン、温泉水、加水分解シルク、グリセリルグルコシド、リンゴ果実培養細胞エキス、チャ葉エキス、ユズ果実エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、クエン酸、クエン酸Na、レシチン、キサンタンガム、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl、水酸化Na、ジグリセリン、塩化Na、BG、加水分解コラーゲン PG プロピルメチルシランジオール、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、エタノール、フェノキシエタノール
バルクオムオフシャル

成分の安全性

ざっと成分を見ると、気になる成分はエタノールです。

エタノールはアルコールのことで、アルコールに極度に弱いという人はかゆみなどが出る可能性もゼロではないかもしれません。

しかし、後ろから2番目に記載があるということは極めて微量の量しか入っていないため、ほぼ影響はないと考えられます。

僕も肌は弱いのですが、全く問題なく使うことができました。

他には刺激が強いような成分はなく、基本的には低刺激のシャンプーと言えるでしょう。

シャンプーによる効果

高い洗浄効果

整髪剤をよく使う男性も、ラウリン酸という成分が毛穴に詰まった整髪剤や皮脂などの頑固な汚れをしっかりと洗い流してくれます。

キシみを無くし、髪を柔らかくする

シャンプーが黄色いのはコラーゲンの色で、このコラーゲンがキシみを無くしてくれて、髪を柔らかくしてくれるので、柔らかい髪になりたい人におすすめです。

髪にダメージを与えず洗える

ジグリセリンという成分がかなり濃厚な泡を作ってくれるので、頭皮や髪を摩擦から守ってくれて、ダメージを与えずに洗うことができます。

バルクオムシャンプーの使い方

バルクオムシャンプーの使い方は次の4ステップです。

ステップ①ぬるま湯で洗う

準備として、ぬるま湯で洗います。
頭皮の汚れや髪についたホコリの大半はこの段階で落とすことができます。

ステップ②手にシャンプーを取りなじませる

適量を手にとります。
とったシャンプーを頭になじませていきます。

ステップ③マッサージするように洗う

指の腹でマッサージしながら洗っていきます。
自然に泡立っていきます。

ステップ④すすぐ

最後にぬるま湯で優しくすすぎます。
すすぎ残しがあると髪と頭皮に悪影響なのでしっかりとすすぐようにしましょう。

バルクオムシャンプーを使った結果まとめ

結論としては、とても濃密な泡ができて洗い上がりもしっとりするすごく良いシャンプーでした。

シャンプーに爽快感を求める人は物足りないかもしれませんが、そうではない人であれば大多数が満足するシャンプーだと思います。

特に、髪のキシみが気になる人や、柔らかくしたい人にはおすすめのシャンプーです。

バルクオムのシャンプー以外のラインナップを使った僕の感想や口コミは次の記事にまとめています。
→バルクオムの全口コミ調査&使って判明【買ってはいけない人とは?】