バルクオムのベストな使い方とは?【※これは絶対やっちゃだめ!】

保湿効果が高く、メンズスキンケアの代名詞ともなりつつある、バルクオム。

そんなバルクオムのベストな使い方はご存知でしょうか?

管理者

使い方次第で、将来の効果が変わってくるので、正しい使い方、やってはいけない使い方を知っておくようにしましょう。

バルクオム『洗顔料』のベストな使い方

バルクオム『洗顔料』のベストな使い方

バルクオム洗顔料の使い方は次の3つの手順です。

使い方の手順①泡立てる

まず、泡立てネットを使って洗顔料を泡立てます。

泡立てネットは定期コースに付属されていますが、単品で買った人は100円均一のものなどでもOKです。

泡立てネットをぬるま湯で濡らして、空気を含ませるようにしっかりと泡立てましょう。

使い方の手順②皮脂が気になる部分から洗う

まず、皮脂が気になるところ(額や鼻など)から洗っていきます。

手のひらが肌に触れないように、泡を転がすように洗うようにするのがポイントです。

使い方の手順③流す

流す時のポイントは、ぬるま湯で流すことです。

耳の裏や、生え際のラインの洗い残しには注意するようにしましょう。

次の動画も参考にしてみてください。

 

→僕が実際に使った結果はこちら

 

バルクオム『化粧水』のベストな使い方

バルクオム『化粧水』のベストな使い方

バルクオムの化粧水の使い方は次の3つの手順です。

使い方の手順①500円玉サイズを手に取る

まず、500円玉サイズを手に取ります。

パウチ容器だと使いにくい場合は、詰め替え用の容器に入れ替えましょう。

※詰め替え用容器は定期コースに付いてきます。

使い方の手順②手のひらで押し込むようになじませる

顔全体に、手のひらで押し込むようになじませます。

優しくパッティングするのがポイントです。

使い方の手順③乾燥が気になるところに重ね付けする

一度に大量に塗るのではなく、乾燥が気になる部分に重ね付けをするようにしましょう。

次の動画で化粧水の使い方が紹介されているので、参考にしてみてください。

 

→僕が実際に使った結果はこちら

 

バルクオム『乳液』のベストな使い方

バルクオム『乳液』のベストな使い方

バルクオムの乳液の使い方は3つの手順です。

使い方の手順①10円玉サイズを手に取る

乳液は10円玉サイズを手に取ります。

化粧水のようにサラサラしていないので、扱いやすいと思いますが、取りすぎは注意です。

使い方の手順②手のひらで1分程度なじませる

手のひらで1分程度優しくなじませるようにします。

強くこすったりしないのがポイントです。

使い方の手順③乾燥が気になるところに重ね塗りする

最後に、乾燥が気になるところには重ね塗りをするようにしましょう。

乳液の使い方については、次の動画も参考にしてみてください。

 

→僕が実際に使った結果はこちら

 

 

バルクオムの絶対やってはいけない使い方!!

バルクオムの絶対やってはいけない使い方

絶対にやってはいけない使い方も知っておきましょう。

やってはいけない使い方①洗顔だけで終わらせてしまう

バルクオムに限りませんが、スキンケアは洗顔だけで終わらせるのはNGです。

洗顔だけで終わらせてしまうと、肌がすぐ乾燥してしまうので、バリア機能が低下し、様々な肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。

化粧水、乳液をつけるのが理想ですが、最低でも化粧水だけはつけるようにしましょう。

やってはいけない使い方②力を入れてしまう

バルクオムを使う時に男性がやってしまいがちな使い方は、ゴシゴシ洗ったり、擦り付けるように化粧水や乳液を付けてしまうことです。

これは肌へダメージを与えてしまう一番やってはいけない使い方です。

必ず優しく触れることを意識してスキンケアするようにしましょう。

 

>>バルクオムの限定キャンペーンを詳しくみる

 

バルクオムを僕が実際に使った感想や買っちゃダメな人を知りたい人は次の記事をご覧ください。
→バルクオムの全口コミ調査&使って判明【買ってはいけない人とは!?】